丸金商会ホームページ
Google WWWを検索
サイト内を検索
トップページ ご意見・ご要望・お問い合わせ 会社案内 取扱商品 新商品 パソコン導入支援 アフターメンテナンス・ご相談センター
社長ブログ 経営理念座右の銘 ポリシー 生涯顧客システム 社歌 リクルート
メーカーリンク
図面・業界リンク
お役立ちリンク

原点 > 進化 > 先進 > 変革 > 経営理念
丸金太郎ポリシー(原点)

原点

丸金商会は、「金属製品の販売をもって社業を成す」をポリシーに 戦後間もない昭和22年に機械工具卸商として創業しました。 そして昭和28年、株式会社に組織変更したのを機会に、 販売の主力を管工機材に移行。それは時代の先行きを予測したうえでの決断でした。



昭和38年に建てられた大橋通りの旧社屋
「当時としてはモダンな外観でした。」

そのとき、時代も大きく変わった。

時を同じくして地元豊橋市では、昭和30年の町村合併を控え、 30万都市への歩みが着実に進行しつつあり、 市域の拡張にともなう人口の増加と産業都市化への対策として 水道普及が時代の急務とされ、 昭和27年度より7ヶ年計画で第2次拡張工事に着手しています。 昭和29年に吉田城跡で開かれた産業大博覧会には 市の水道局が水道館を設置するなど、 水道普及への気運が急速に高まりつつありました。 ある人は、当時を振り返って次のように回想しています。

「そのころ、まだそんなに衛生についても水道についても関心がなかったのだけれど、水道館へ入って、新しい器具がたくさん展示されていて驚いたことを覚えています。特に、鉄管に替わるビニール管とか。当時、汲み取りだった便所を早く水洗便所に変えたいとか、そんなことを漠然と思いました。」

水道館を見た多くの人が、そこに水道と日常生活の未来を垣間見たのではないでしょうか。この年を境に上下水道の普及率は急上昇していきます。




原点は、時代を見つめる目。

時代は、やがてアメニティに目覚めるときがくる。 そう見通し、丸金商会の未来を託した当時の決断が正しかったことは、 歴史が証明しています。言い換えれば、時代の変化を敏感にとらえ、 地域の必要とするものを提供することが商社としての原点であり、 同時に丸金商会の出発点でもあったのです。

私たちは、急ぎません。 時代の流れはゆるやかで、長いスパンでその行方を考える必要があるからです。 そして、それが堅実に成長をとげてきた私たちのバックボーンとなっています。



トレードマークは語る。

金は金属品の販売を以って永世の社業となす。 丸は商品のパイプを表し、全員の和と見通し-常に先を洞察する-を願望したもの。 さらに二重丸は堅実、金の字の踏張りは安定と力強さ(パワー)を示す。

力 - ちから - あるものはいつまでも繁栄する。


「丸」は商品のパイプを、「金」は金属品の販売を
トレードマークに込められた明快なポリシーが、丸金商会のルーツです。
常に急がず走らず 堅実に確実に、地域とともに成長してまいりました。


次へ→